日本のピンチを救う発電方法|太陽光発電の特殊工事

女の人

太陽電池の種類

ソーラーパネル

太陽光発電とは、太陽電池を用いて太陽光を電力に変えることができる発電システムです。ソーラー発電とも呼ばれています。太陽電池とは、板状のパネルに太陽光を当てることにより、電位差が生じ、それを電気エネルギーとして使えるようにしたものです。太陽電池には、シリコン系、無機化合物系、有機化合物系があります。シリコン系の単結晶シリコンは発電効率はよいのですが、その分価格も高くなります。多結晶シリコンは発電効率はやや劣りますが、量産が可能で価格は安くなります。そのため、一般的に広く使われています。無機化合物系にはCIS(カルコパイライト)があります。日陰などでも発電でき、薄型でも発電効率は高くなります。また、耐久性も優れています。多結晶型なので量産向きですが、価格は単結晶シリコンと比べ同等かやや高めになります。

太陽光発電の歴史は太陽電池の歴史から始まります。太陽電池の基本原理は1839年にフランスの物理学者によって発見されました。実際に発電ができたのは1884年で、アメリカの発明家が開発したセレン光電池のもととなるものでした。発電機器としての太陽電池は1954年にアメリカで発明されたシリコン太陽電池と呼ばれるものでした。これはpn接合と呼ばれる発電理論の発見がもとになっています。太陽光発電の実用化が試みられたのは、1958年にアメリカ海軍が打ち上げた人口衛生です。その衛生の電力供給源として使われたのが、太陽光電池でした。日本で太陽光発電が注目されるようになったのは、1973年の石油危機の際です。石油などが枯渇資源であることに気が付き、太陽光発電の重要性に気づきました。そのため、安価で量産できるように多結晶シリコンなどの太陽電池の発明に取り掛かります。現在は、再生可能エネルギーの代表格として、さらなる太陽光発電の技術開発に力を入れています。