日本のピンチを救う発電方法|太陽光発電の特殊工事

女の人

パネルの設置

屋根

東日本大震災の時の計画停電以来、クリーンなエネルギーとして太陽光発電が俄然注目を集めています。自宅の屋根など個人宅単位で設置がしやすく、日常的な電気の一部を賄えることから、設置を検討されている方も多いのではないでしょうか。現在は中断されていますが、個人単位でも太陽光発電で発電された電気を売却できたりなど、国も太陽光パネルの設置を推進する動きを見せています。自治体によっては、太陽光パネルの設置に助成金を出しているところもあります。ただし、自治体ごとに助成金の予算が決められているため、太陽光パネルの設置に踏み切る前にお住まいの自治体や、設置会社にまず助成金の有無などを確認してみることが必要になります。

屋根に設置するような大型の太陽光パネルの他にも、携帯電話やノートパソコンといった、比較的小さい電化製品の充電に使えるような、携帯式の小型の太陽光発電パネルなどもあります。日ごろのちょっとした充電に十分に使えますし、自転車やバイクでツーリングに出かける時など、電源の確保が難しい場合などにも重宝します。小型のUSBバッテリーにも充電可能なモデルもあるため、併用することで安定的に電力を確保することができます。また、大型の太陽光発電システムに対応した蓄電器もあり、設置する規模によっては一般家庭の電力を賄い切れるものまで存在します。太陽光発電をするのであれば、バッテリーと組み合わせるだけで、日中に発電・充電し、夜に使うといったことも可能になります。もし今後太陽光発電システムを設置するのであれば、蓄電器も併せて検討することをお勧めします。