日本のピンチを救う発電方法|太陽光発電の特殊工事

女の人

ムダの無い発電

作業員

地球の化石燃料は、後何年もすると枯渇すると言われています。また、地球温暖化現象など、地球はそして人類は数多くの問題を抱えています。そんな中で、注目を集めているのが、再生可能なエネルギーの利用です。再生可能なエネルギーとは、太陽光発電や、風力発電、波力発電、地熱発電といった、自然の力を利用することによって、何度でも繰り返し発電することができるシステムのことを言います。そんな中、世界中で話題になっている発電方法の一つが、バイオガス発電です。

バイオガス発電とは、人間や家畜の糞尿や、食品の廃棄物、木の廃材などのいわゆる「有機ゴミ」と呼ばれるものからバイオガスを作り出し、発電するといった方法です。有機ゴミを発酵させ、可燃性のあるバイオガスを作ります。そしてそのバイオガスを燃やして発電機のタービンを回します。バイオガス発電には数多くのメリットがあります。まず挙げられるのが、安定しているということです。原料となる、有機ゴミは、人々が生活していくうえで安定して確保することができるため、枯渇しません。それに、その他の自然の力を利用した発電方法より天候などに左右されないため、安定して稼働することができると言えるのです。そして、メリットの一つとして、温室効果ガスを排出しないというのがあります。そのため、地球温暖化に有効的に働き、地球に優しい発電方法であると言えます。そして、ニオイは大丈夫なのかという疑問ですが、ほとんどニオイがしない事が報告されているため、発電所の近隣住民に迷惑がかかるということもありません。