日本のピンチを救う発電方法|太陽光発電の特殊工事

女の人

エネルギーの危機

バイオガス

日本のエネルギー事情は、過去をみても例がないくらいの危機にあります。それは、原子力発電所のストップがもたらした電力供給不足と、それに追い打ちをかけるような化石燃料価格の高騰です。これらのダブルパンチによって、日本は高い電気代を払うことになりました。家庭から考えれば、電気代の高騰は大した出費にはならないかもしれません。しかし、工業国である日本から考えれば、この話はかなりキツイ話題なのです。

福岡にもある工場などは、当然電気で動いているわけですから、電気代の負担は家庭などよりも当然重くなるわけです。この電気代負担を客先に転嫁できれば、それで話は丸く収まりますが、そうはいきません。例え、原材料が高かろうが、価格には中々転嫁できないのです。そんなズタボロの日本のエネルギー事情があってか、地中熱利用や太陽光発電、バイオガス発電などの自然エネルギーが福岡でも注目を浴びています。地中熱利用は、読んで字のごとく地球の地下深くに収まっているマグマの熱を利用する発電方法です。地中熱利用は、日本列島という地理的条件から、自然エネルギーの中でも特に有望視されています。太陽光発電とは、太陽光発電パネルを利用した発電方法です。日本のピンチを救う発電方法と言えるでしょう。家庭の電力消費を自給化するのに向いていると言われています。バイオガス発電は、動植物の排泄物や廃材を使用してメタンガスを取り出し、それをエネルギーに電気を作り出すという技術です。バイオガス発電とは、有機物から取り出したガスを指します。次回からは、地中熱利用や、太陽光発電、バイオガス発電のメリットについてそれぞれ紹介していきます。

作業員

ムダの無い発電

バイオガス発電という世界中に注目されている発電方法があります。これは、糞尿や残飯、木の廃材などの有機ゴミからガスを作り出し、燃焼させ、発電させるといった方法です。

屋根

パネルの設置

自然のエネルギーはとても大切であり、大切な資源です。太陽のエネルギーを上手く使用して、光熱費などの削減が出来ます。また、国や各都道府県などから補助金がもらえます。

ソーラーパネル

太陽電池の種類

太陽光発電を導入することで、太陽の光を電力に変えることが出来ます。太陽電池の種類は、シリコン系、無機化合物系、有機化合物系の3つあります。種類によって、発電効率は異なります。